BORN FREE

フラットコーテッドレトリバー3頭との悲喜交々な日々

ザ・お引越しプロジェクト


f:id:gemini0530:20210521210918j:image
(4月16日撮影、それっきり見にいってない😂)

新しいお家の引き渡し日が5月31日で決定しました。
およそ50年弱に渡って慣れ親しみ、住み慣れた二子玉川という街からの引っ越し。
近くに住む母や弟家族とも随分と遠くに離れる事になります。
引っ越し先は二子玉川から86キロも離れた千葉県東金市です。
調べてみたら、時々ケスのパピーレッスンなどで行くことのある御殿場手前の足柄COCOというドッグランまでが85キロ・・・いやぁ、、、遠いところへ行くんだなぁと、ようやく実感めいたものが湧いてきました。
WiFi工事、エアコンやシーリングファン&ライトなどを先に装備してから引っ越すことにして、引っ越し日程を6月28日にしました。
 
基本、天気の心配は前々日くらいにならないとしない方針です。
先週、母親に日程伝えたら雨の心配をされて、めっちゃイラつきました🤣
「心配すると何か変わるの???」と母に噛みついた。
 そもそも運動会とか遠足の日の天気について私が心配すると、「その日になれば天気はわかる!」って教育したのは母なのに。
が…湿度マックスで例年より早い梅雨入り、という状況を鑑み・・・
引っ越しの日の天気、イヤな予感がします(決して心配しているワケではない🤣)
先週の木曜日、住民票を世田谷から東金市に移す為に東金市役所を訪れました。
市役所界隈、東金の中では最も中心地と言える場所なんだろうけど、高層ビル皆無、至るところにコンビニが「無い」景色に、ちょっと戸惑いを感じました。
もちろんスタバも無い。
しかし、「食べ放題660円」という”なんとか牧場”というレストランも発見し、ちょっと心が躍る思いもしました。
引っ越したら速攻で行ってみたいお店❤
住民票を移し東金市民になった後は千葉銀行で不動産屋さんとハウスメーカーさんと司法書士さんと待ち合わせ。
5月31日のお家の引き渡し日に、決済と同時に家の土地家屋権利書などの名義変更をする為の書類にハンコとサインをしまくりました。
市役所関連に2時間、銀行での書類関連に2時間を要しヘトヘトに・・・。
家の方はもう出来上がっていて、外構がまだほとんど手がついてないらしいのですが、雨だったり、疲労困憊だったりしたので、家は見ずに(家愛が希薄過ぎる飼い主、ではなくて家主)にとっとと世田谷まで戻ってきました。

引っ越し業者選定をする為に、見積もり一括サイトみたいなところに条件を入れたら、その3分後位から引っ越し屋さんから携帯に電話がバンバンかかってきて驚きました。
最初に見積もりのために来訪してくれた業者さんの営業が、「残りのアポを断ってくれるなら、あといくら値引きます!」というので、面倒だし最初に来た引っ越し屋さんに決めました。

しかし、今どき、引っ越し屋さんも単なる引っ越し運送業のみならず、家電調達、家具やカーテンなどのインテリア調達、WiFiや高速インターネット回線や電気・ガスといった生活インフラまで、あらゆる「家」に関する商品の販売やサービスの代行契約などを行っていてビックリしました。
建て壊しの決まっているマンションのため、不要なものはそのまま置いていって良いと言われているので、断捨離もしなくてOK。
どーせ、もーすぐ引っ越しだ、とあらゆるものが出しっぱなしで家の中、ゴチャゴチャな状態、段ボールは見積もりによると80箱必要(そんなに必要とは思えないんだけど)との事で、そんな大量な段ボールを送られても、パッキングした段ボールを置いておく場所が無いわけです。
なぜならば、不要なものを断捨離せずにそのまま放置して引っ越すから、部屋は広くならないのに80箱の段ボール、入るわけが無いマンションの2LDKなのでした。
なので、段ボールは引っ越しの2日前に届くようにして貰って、引っ越し前日に2名のヘルパーさんが来て頂いて、持っていくものをパッキングして頂くことにしました。
それでも・・・犬3頭が通り抜け出来るギリギリの状態で部屋中、段ボールだらけになりますね。
想像するだけでとっても憂鬱だけど、あとは引っ越すだけ・・・という状態で、残り1か月半となりました。

f:id:gemini0530:20210521205937j:image
いつも網戸に寄っかかって寝ていたケスぽん、ついに網戸がぶち破れ、ベランダ出入り自由となりした。
ベランダが大好きなケスぽん、ヒマさえあればベランダに出てゴロゴロしてますが、不意の音に反応して吠えるので、すぐに室内蟄居を命じられるのでした。
早くお庭暮らしがしたいねぇ〜、しかし今年はバシャバシャの雨天気が多いのが気になるなぁ。
 
ソーラー発電のお家だから、夏場は稼ぎ時。
求む太陽の日差し‼
 

エルザ、ブリストルとの春季本部競技会


f:id:gemini0530:20210515115127j:image

4月24(土)- 25日(日)、第100回2021春季本部訓練競技会が埼玉県の吉見運動場で行われた。
我が家からはエルザとブリストルの2頭の出陳。
マチュアなので25日の日曜日が出番でした。

 

エルザの動画


2021 春季訓練競技会3部E組 エルザ - YouTube

 

ブリストルの動画


2021春季訓練競技会3部A組 ブリストル - YouTube

ブリストルがとにかく、犬の集まる場所で普段と様子が激変して、ただただ立ち尽くし、行き交う犬を永遠と眺め、メス犬を見れば突進、デカいオス犬を見ればソワソワ・・・
グリッド操作でもしてんのか!!!???ってほどに地面の匂いを縦横に嗅ぎまくり・・・となるため、土曜日も場慣れも兼ねた自主練で吉見運動場まで出かけました。

土曜の吉見はとても暑くて、エルザが自主練で全くダメダメ。
側にいたブルドッグのブヒブヒブヒーって言う呼吸音が、エルザのツボにハマってしまって、ずーっとそのブルドッグに集中を削がれる状態。
今から振り返れば、お陰様でとっても良い練習が出来た、と言えますが、翌日に本番を控えてかなり当時は焦りました。

日曜日は土曜から一転、曇り空で午前の早めの時間は比較的涼しくて黒犬でも耐えられる転向。
ブリストルの出陳番号はA組の4番目、エルザの出陳番号はE組の確か18番目位だったかな、、、既に忘れてしまいました。
目録は帰り道にSAとかで捨てる主義でして・・・(家に持ち帰っても邪魔なだけなので)手元に目録も無いので確認できない🤣

2月28日の埼玉ブロックでCD2デビューしたブリ君、フワフワのお花畑となって撃沈、しょっぱ過ぎる船出から春季本部までの間、競技会が2回ありましたが出さずにひたすら春季に向けて練習を積みました。

先生からは埼玉ブロックの後に、「ボクなら春季には出しません」と言われる内容だったわけです。
科目が出来ないとかそういう事ではなくて、科目は良く出来るブリ君なのですが、それよりも何よりもまず、競技会場で犬見て舞い上がり、フワフワの状態で遊ぶ事すら集中出来ないような状態になってしまうため、場慣れが完全でない中で、競技会に出せば出すほど、普段の練習とは違う不出来な本番を繰り返すことになり、ブリストルにとっては百害あって一利無し、というのが先生の見解。

そこを「飼い主が頑張ってブリのお花畑は乗り越えますので春季に出させてください。直前でこれじゃ無理でしょ、という状態だったら棄権します」という前提条件付きでのチャレンジでした。
幸いな事に千葉訓練士会の練習会や、アマチュア有志による練習会などに参加する事が出来て、本番会場の雰囲気や犬がウロウロする中での練習リングでの練習が、ブリ君にとっては本番に向けた良いシミュレーションになりました。

千葉訓練士会の練習会には先生も来られたので、ブリとエルザのリングでの様子を見てもらいました。
土砂降りの雨で涼しくて、ブリもとても楽しそうで、私としてはブリ君とは良くやれたと思ったら、先生から「全然ダメ、後ろ足に全く力が入ってない。雨で楽しい、涼しくて気持ち良いという気分だけでやらせてるから、そーいう事になる」と厳しいご指摘。

その通り・・・暑かろうと寒かろうと、気分が良かろうと悪かろうと、その日のベストを出せるかどうか・・・
いつもいつも、テンションに頼るなって言われているのに、ブリのテンションが高いだけで、安心してしまって本気でやっているかどうか、の見極めが出来ないのでした。

そんなこんなな良い練習チャンスを得ながらの春季本部。
昨年9月、秋季本部はやるかやらないか分からないけど、出せる準備をせねば・・・と、8月までのダラダラした練習からネジを締めなおして、今回の春季本部の日まで、どうしようもない諸事情で自主練を休んだのは2日だけ、残りの日々は必ず自主練をする毎日でした。


そんな事は当たり前とする競技者が多いと思いますが、私は本来、怠け者で夏場は特に早朝練習が辛くて、なかなか毎日やることが出来ないのでした。

 

泣いても笑っても春季本部で競技会はシーズンオフ。
ブリストルは出番前のウォーミングアップに先生がついて下さり、もう言葉で表現するならばビシバシ!!🤣と、一瞬のよそ見、匂い取りの暇なんか無いよ、だってママに集中しなきゃイケナイんだから!と、ブリ君を追い込んだ結果、今やるべき事は1つしかない!!!それ以外は全てNGなんだ!!!とブリ君自身が集中を高めてくれて、そのままリングインする事が出来ました。

この追い込みが私一人では出来ない、エルザは追い込まなくてもスイッチ入れてくれるんだけどなぁ。

このウォーミングアップ、もしも先生がついててくださらなかったら、もっと甘甘になっていただろうと思います。
とかくブリストルを甘やかしてしまう私、たぶん、犬が気になるから仕方ないよね、と甘やかしながら、オヤツで尻尾振らせて、私に飛びつかせてブリを喜ばせて、リングインして、埼玉ブロックの苦い失敗を繰り返したように思います。

でも、この日は先生のお陰で、ブリがめっちゃ良かった。
すごい集中、リングインからリングアウトまで私以外のものは何も見なかったね、と言える集中でした。
私もブリの集中が切れないように、ずーっとブリを見続けて「お母さんは見張ってるよ!」っていう圧も上手くいきました。


f:id:gemini0530:20210515120620j:image

(脚側行進、ブリ君のポジション良すぎて見るのが大変なんです💦)


f:id:gemini0530:20210515120737j:image
常歩での右屈折後の写真、めっちゃ好きな写真)


f:id:gemini0530:20210515120926j:image

(速歩行進、左屈折前もしっかり顔を上げて私を見ての屈折が出来ました)


審査の先生からは「ここまでやれるんだから、もう少し犬を見ずにやりましょう。見すぎは減点になりますよ」とアドバイス、でも見過ぎるほど見たから、ブリも最後まで抜けなかった。
まだまだ、そういうレベルの実力しか私とブリのペアには無いのです。

結果的には2席と同点の3席、規定点でブリの方が0.1点低かったからですが、規定は私がブリをガン見していた為の減点があるので、ブリ君自体は本当に1席に迫る良い作業が出来た、と思います。

一方のエルザねーさん、ねーさんは競技会の規模が大きい方がやる気が出るらしい。
出番までリング前に座って、ゴロゴロしながらリラックスして順番待ち。


f:id:gemini0530:20210515121556j:image

(少し蒸してきたのでクールコート着用、このコートを着せているだけで安心、ハンドラーとしては出番前に心配事が減り、競技前のウォーミングアップに集中できます)

1つ前の方がリングに入ったところからウォーミングアップ開始。
先生は他の生徒さんについていたので、私とエルザの二人で頑張るしかない!!
でも、こーいう時にエルザは本当に、私に集中して訓練スイッチを自分でON!!にしてくれるコに育ちました。


f:id:gemini0530:20210515121318j:image

(ガツンと集中の入っている状態、一切の余所見をせずにひたすら私を見上げ、次の作業のコマンド待ち)


f:id:gemini0530:20210515121454j:image

(次はなんですか?準備オッケーです!byエルザ)


脚側で私を見上げてくれるお顔の可愛いことったら無いです。
そんな可愛いお顔がばっちり見れちゃうのも、エルザのポジションが少し前過ぎるからなのです。
そのポジションについては、何度も「前過ぎる、減点対象」と言われてきてますが、そのポジションだからエルザが頑張れるんです。


f:id:gemini0530:20210515121110j:image

常歩後進、常に前過ぎると指摘を受けるエルザのポジション、でもね、こんなに力入れて気合の入った脚側を毎回の本番でできる子ってそうそう居ないんですよ。

私はポジションで減点されてもエルザの気合や意欲が大事です)


f:id:gemini0530:20210515122101j:image
なので、ポジションについては修正するつもりは無くて、他にいくつか・・・ダメダメポイントがありましたが、総じればこのシーズンの集大成、最もエルザは頑張ってくれたように思いました。

指示前行動の失敗があったし、ポイント取れるか不安でしたが、結果は4席と高い評価をして頂きました。

 

【メモ書き】

ダメダメポイントその1: 左屈折前の常歩のスピード落ちとショートカット

ダメダメポイント2: お手お替りの後の停座を指示前にやってしまう

というわけで・・・既に競技会から2週間以上も過ぎており、SNSでも写真もアップしましたが、記録としてここにも同じ写真を載せて、私の老後の楽しみ用とさせてください。

 

そして、そしてこの日、同じお教室で出陳された先輩の皆様全員が入賞、理事長賞1つ(本部は2つ出ます)、優秀犬賞1つ(血統書のない犬を特別犬としてその中の1席犬が優秀犬賞を授与されます)という大漁でした。

 

いかに先生の指導がきめ細かく、そして的確に指導してくださっているか、を実感する結果でした。


f:id:gemini0530:20210515122620j:image

(先に帰られてしまった生徒さんもいらっしゃるので全員ではありません)

 


<番外編>
自分の出番が終わり、先輩の競技を観戦していると・・・本部席からアナウンス。
「ピンクの首輪をしたフラットコーテッドの女の子、リードが離れて迷子になってますよ~、ピンクの首輪のフラット~!!〇〇さーん!!!(←私の名前)迎えに来てくださーい!!」と。。。

途端に携帯のLINEに先生から電話、友達からも電話、あたふたと本部席から一番遠いリングにいたのに、必死に走ってお迎えに・・・。

本部席前までやってきたボーンフリーのエルザ、本部席で「あたしのお母さんはいますか?」と質問したとか、しないとか・・・😅
いや、、、ほんとに競技中のリングに入り込んだりのトラブルにならなくて良かったです💦


f:id:gemini0530:20210515123654j:image

(ママを探して勝手に車から出て、迷子になって二度と会えなくなったらどーするの!?)

いつも競技会でお見かけする爽やかなボーダーコリーのハンドラーさんが、エルザにご自身のリードを付けて待っててくださいました。
エルク革の手に柔らかいリード・・・我が家のゴムびきのリードと大違いなリードに繋がれたエルザ、ニコニコ顔。
かつて平塚でやった神奈川訓練士会の競技会場でもエルザは脱走して本部席直行の犯罪有り。
この時も車の中で係留までしていたにも関わらず、なぜか?どのようにしたのか?ナスカン外して脱走、どうやってるのか?全く不明です。
これまでは幸い、事故とかになってませんが二度と脱走出来ないように対策完了しました!

久しぶりのドッグショー 京都府連合&近畿インター

f:id:gemini0530:20210513201939j:image

 

ブログの更新をせねば・・・と思いつつ、しばしサボっておりました。
4月後半の春季本部競技会についても、まだ記録を残していないうちに、記憶の方はどんどん遠ざかっておりますが・・・。

なんと先週末は2年半ぶりに出来心?で滋賀県竜王町のドラゴンハットまで、ドッグショー参加で遠征をしてきました。
往復840キロ、アクセルを踏み続けているだけでも・・・なんならシートに座っているだけでも筋肉痛になった私の太腿ちゃん、大丈夫かい?🤣

久しぶりのドッグショー、疲れる!!!
なんてったってパドックの設営という肉体労働が・・・訓練競技との違い。
あ、訓練競技もみんなで手分けして机やテント運ぶことはありますが、ドッグショーは他にもお道具が多くて・・・。しかも全部一人で運ぶのよ。

今回はブリストル1頭の出陳、2年半ぶりだけどやる事はさほど複雑ではないと思っていた。
触審、ラウンド、アップダウン、ラインナップでのスタック、乱暴に言えばこの4つの組み合わせだし、順番もあらかた決まっている。
私は大丈夫だけど、果たしてブリ君は覚えているのか???

がしかし、初日はブリ君は覚えているのか???ではなくて、アンタがすっかり忘れてたよね!!!っていうダメダメの内容でした💦

>触審、ラウンド、アップダウン、ラインナップでのスタック、乱暴に言えばこの4つの組み合わせ

なんて気軽に書いているけど、2年半前までほそぼそとでもドッグショーを続けていた頃は、その各所で自分なりに注意ポイントがあり、下手クソであっても注意ポイントをクリアする事が目標となっていたのだが、そーいう事全部忘れちゃってました。

触審でジャッジの先生がどういう順番で何を見るのか?とかも忘れてしまっていて、ベイドでムダな事したり・・・

ショーの出来栄えは散々なものでありましたが・・・いくつか得るものもありました。
そして、これまた訓練にも共通する「自分の甘さ、弱さ」を強く痛感する事が出来た、というのも得るものの1つです。

それは何か?というと・・・
いつもいつも、訓練の先生から「犬に合わせるな」「犬に合わせたら最後、犬は何もやらなくなりますよ」というコワ―いお言葉、耳タコなはずなのに、訓練では先生が細かく指摘して下さるんで、なんとかなりつつあるけど、ドッグショーでは完全にブリ君に寄ってしまう自分がいました。

今回のドッグショーは久しぶりの参加なので、とにかくひたすら楽しくやれればそれで良い、と思っていました。
ありがちな言葉です。

「楽しくやれればそれで良い」

それは間違ってないし、オナハンなんだし最低限楽しくなければやる意味が無いと思っています。
が・・・「楽しくやる」って具体的にどういう意味???って部分が大事かな、と思います。

ただ単にヘタクソ炸裂のまま、あーーー楽しかったーーーー!!!って言えるほどビギナーではない私(苦笑)

「楽しくやる」って訓練なんかでもそうなんですが・・・
私にとって「あぁ、楽しかった」と思える内容というのは、結果の如何ではなくて、やはり「練習してきた事を最大限リングの中でやれるように最後までやり切れた?」という事、自分だけではなくて一緒にやる犬共々に。
(実際、練習通り100%でやれる本番なんて無いと思うので、98%まで近づける事が出来たのか、70%で終わってしまったのか・・・という感じ)

今の実力を出し切れた!!!と思える終わり方が出来れば、結果云々ではなくて「楽しかった!!」と次につながる期待も含めて満足感を得る事が出来ます。
来て良かった、出て良かった、頑張って練習して良かった、、、などなどの想いと共に。

でも結果が偶然にも良くても、自分にはわかっている練習とは全然違う出来栄え、であったり、あれだけ注意していた事がやれなかった、ハンドラーがそんなだから犬も上の空のフワフワ、ドナドナ・・・という終わり方は、「今回は良かったとしても次に向けてどうしたものか・・・」と気持ちは、喜びや満足とは違うものになります。

だから、簡単に「楽しくやることが目標」と言っても、それを達成するって結構大変というか、その「楽しかった」を積み上げることが出来れば、オナハンとしては本番までのプロセスを含めて「犬と一緒に楽しめてる」と言えるのかな、と思います。
自己満足かもしれないけど、プロじゃなくてアマチュア、趣味なので「勝ち」にこだわるよりも、プロセスを含めて愛犬と向きあう全時間を大事にしたいです。

今回、初日の京都府連合で私がやらかしたダメダメを列記して、以降の戒めにしたいと思います。
1)ブリストルが元気良く尻尾を振ってくれるように、リングイン前にやたらと甘やかしてしまった。

2)ブリストルに私は何をして欲しいのか?朝の練習でちゃんとやり取りが出来ていなかった。(ただ元気よく走るからOK!!みたいな・・・ドッグショー舐めるなよって話でした)
3)ベイドの出し方が褒めの褒賞ではなくて賄賂的になっていた。
4)そもそもブリの顔を全くみてない、目を見てない、一緒にやってる感ゼロ。
5)ジャッジの先生が何を見ようとしているのか、せめて個別審査の時くらいはプレゼンを上手にやれ。

というワケで、動画も見たくないほど、土曜は自分の不甲斐なさに落ち込みました。
褒美ではなくて賄賂で出しているベイド、全頭の個別審査が終わり、並んでいるところを横からジャッジが見る時間、しっかり格好良く立ってくれ!!ってブリ君にオヤツだしたら、ブリ君が途中で「もう要らない」って言ったんです(悲)、、、それよりも一杯いる犬達の方が気になると・・・。
リングの中で、ベイド不要と言われるハンドラーと愛犬、それぞれバラバラの思い。
お互いの気持ちを合わせて、愛溢れるショーイングにしたいと思っていたのに、目標と真逆の二人の状態・・・

その落ち込みはどれほど深かったか・・・。

でも、応援に来てくれたエルザのハーフシスターにして名犬ベッキーの飼い主、IKUOさんに励まされ、諭され、夕方、ブリストルとケスとIKUOさんと私でリングで練習しました。
ケスが前にいるとブリが走る。
そうだ!そうだったわよ!!と思い出しました。
ブリ君、先頭の時よりも前に犬がいる時の方が走るんでした。

もう日曜の近畿インターは棄権しようか・・・とまで考えたけど、IKUOさんに励まされて、練習もして気持ちも上向き、出陳する気になりました。

日曜の近畿インターに向けての目標はただ1つ、「ブリ君の顔を見て気持ちを合わせて元気よく、そして褒めること」でした。

私のハンドリング自体は会いあわらずの失敗だらけ(アンヨずれてるのに気づかなかったけど、そーいえば後ろの左足をすぐにズラすんだった、って事も思い出した)でしたけど、とにかくブリ君がニコニコのお顔で元気良く走ってくれて、目標は達成できた。

なので、ショーの後は満足感を感じることが出来て楽しかったです。
とてつもなく低い目標なんだけど、それでも1つづつクリア、すっかり離れていたドッグショーですが、少しづつまた出して行こうかなって思える終わり方が出来て良かったな、と思いました。

写真は近畿インターで、ブリの同胎のチェルちゃんのオーナーさんから頂いたお写真(冒頭のお写真含めて何ま枚も)しかないので宝物です。
そして応援に来て下さったお友達から頂いた動画も嬉しい限り。

今回は色々な事を思い出したドッグショーでした。

 

番外編

ケスの同胎のファブちゃん、京都府連合でBOBのお祝い、焼き肉をゴチになりました❣
f:id:gemini0530:20210513205119j:image

そして〜焼き肉の後はスイーツを求めて和食レストラン「さと」へ。


f:id:gemini0530:20210513205250j:image

夕陽が沈む時、ものすごく綺麗だった西の空。

一期一会、どんな時でも嬉しい事、感動する事はそここにあるわ‼

ケス君1歳のプチお誕生日会

4月16日、我が家の3番手、ケス君がめでたく1歳のお誕生日を迎えました。
FacebookInstagramでたくさんのお祝いコメントを頂きまして、ありがとうございます。
リアル誕生日Dayは金曜日、年度末近し、という事もあって、お誕生日お祝いをする余裕は全くなかったのですが、今週の月曜日にお里のDoggy Park Bell Houseに押しかけて、勝手にお店の壁に飾り付けなんかもして、プチお誕生日会を敢行しました😆

というのも、ケス君は残念なことにエルザとブリストルが出陳予定の春季本部訓練競技会と、お里主催のお誕生日会が重なってしまって欠席しなければならないのです😢😅

そんなケスのために、しーちゃん(ベルままんちに残った同胎のシルヴィア)とクヌート(Reeさんちへ行った同胎の男の子、Instaではgoodtimeさ)と一緒にお祝いしました。

f:id:gemini0530:20210420152127j:image

馬肉のミートローフケーキもお里に送りつけた😆


f:id:gemini0530:20210420153412j:image

ベルままにアマゾンでコレを買っといて、とメッセしたしーちゃんのピンクの三角帽とよだれ掛け😆

3日前から「しーちゃん、ちゃんと写真撮れるか心配‥」と言っていたけど、ウソみたいにあっさり座ったら最後動きません!

クヌートとケスはおそろいの水色の三角帽とよだれ掛け❤、真ん中にしーちゃんで、サクサクっとケーキの前でお誕生日撮影しました。


f:id:gemini0530:20210420154241j:image

可愛すぎ😍バカ親ですみません💦

当然、バカ親なのでケーキ食べてるところの動画は宝です‼(クヌートのママ撮影)


19.Apr.2021 Kestrel 1's BD Party with his Siblings, Silvia and Knut - YouTube

 

記念にスタック写真も撮りました。

f:id:gemini0530:20210420193531j:image

なぜかスタック写真撮る時は汗だくになる飼い主

 

思えばケスのお父さんのダンテとお母さんのトゥルーラが交配して赤ちゃんが13頭(1頭は天使)も産まれた時、コロナウィルス蔓延防止のための緊急事態宣言の最中。
誰もが初めての経験、しかし数か月でどうにかなるだろう・・・と思っていたけど、全く終息の目途を見ることも無く1年が過ぎた。

こんな言い方はかなり語弊があるんだけど、コロナじゃなかったらケスは迎えてなかったと思う。
はい、コロナでペット需要が伸びている、という話は良く聞きますが、実際に私もコロナだから3頭目を迎える、という決断に踏み切ることが出来たのでした。

 

4月16日に産まれたケス君達兄弟姉妹、6月の終わりには女の子3頭、男の子6頭のオーナーさんが決まり、それぞれのお家へ旅立って行き‥。

私はお里に残っている水色リボン君が気になって気になって。実は一番最初に見たパピー達の個別写真で、水色君が良いなって思っていたので、お里でまだオーナー募集中となると、もう水色君のことしか考えられない。

3週間連続で水色君に会いに行き、固い決意を決めました。

会いに行くたびに、水色君とだけドッグランで遊んだんだけど、小さくて本当に可愛かった。


f:id:gemini0530:20210420191224j:image

写真は我が家に来て5日目、自宅前の芝生広場でエルザ、ブリストルと一緒に撮った写真。

 

あっと言う間の1歳、きっと兄弟姉妹達のオーナーさんも同じように感じているんじゃないかな。

縁があったから出会って、そして家族になった。

お迎えした日の嬉しい気持ちを風化させることなく、ケス君という個性を伸ばしていきたいな。

 

さて、お誕生日会の後はプールで、ドッグランで遊びまくりました。

付添いのエルザとブリストルも、バースデーケーキのおすそ分けをして貰って元気に泳いで走り回りました。



f:id:gemini0530:20210420192354j:image
クヌート(左)とケス(右)



f:id:gemini0530:20210420192413j:image
ドッグランで左からケス、エルザ、ブリストル

 

楽しい1日を、ケスの同胎のしーちゃん、クヌートと一緒に過ごすことが出来て、ケス君の今日の絵日記はページからはみ出るほど、たくさんの楽しい事が記されたと思います☺️

ケス君の事件簿‐2

f:id:gemini0530:20210406175528j:image

(ボクの出番はまだなのか?)

 

2週間前くらいの土曜日の出来事ですが、ちょっとした事件がありました。

いつものように、いつもの運動場で1頭づつ運動と訓練をしていた時でした。
確かエルザとやっていた時で、車のケージにはブリ君とケスを残してました。

ちょっと暑い日だったので、背面ドアとスライドドアを開けていました。

 

エルザと訓練していると・・・酔っぱらったような男の人の怒鳴る声が聞こえてきます。
最初は特に気にせずにいたのですが、何度も怒鳴っているので、ふとそっちの方向を見ると、、、おや???黒い犬が1頭、尻尾振りながら、酔っぱらいとおぼしき?男の人と対峙しているではないか!

犬と男の人の距離5mくらいか?

男の人は黒犬に向かって、

「この馬鹿野郎が~!!!ブチ殺すぞー!!!」的な事をずーっと怒鳴りつけている。
どこかの犬が車から出ちゃったのかしら???
え!?!?!?ケスじゃん!!!

私とエルザのいる場所から、ケスが尻尾振りながら立ってる位置までは20mくらいありましたが、ケス~!!!って手を大きく振りながら呼んだら、ケスが気づいて、一木さんで走ってきました。
もちろん、リードがついてないので、呼び戻したところで首輪を掴んで捕獲。


すると当然ながら、ケスに怒り心頭だった男の人が怒鳴りながら、こちらに向かって、怒鳴りながら歩いてきました。

「なんだ、バカ野郎!!!ふざけんな、こいつがオレの顔を噛みやがった!!金出さないならブチ殺すぞ!!」

お顔を拝見する限り、お怪我はない模様。

もちろん、コロナ禍であろうとも、マスク未使用で怒鳴りちらしている。
酔っぱらっているのか?どうかは不明ですが、昼の日中だったので自なのかも。
歯がほとんど無い、、、ホームレスの人にしか見えないいでたち。

 

おそらく想像するに、ハウスから脱走して車から飛び出たケスと、このホームレスの人が出くわして、ケスが大喜びでこの人の顔に向かってハイジャンプをして、鼻先がこの人の顔に当たったのか???

 

「すみません、ハウスに入れてたんですが、出ちゃったみたいで・・・申し訳ありませんでした」

と謝罪すると、

「なんだ、バカ野郎!!!ふざけんな、こいつがオレの顔を噛みやがった!!ホントだったらブチ殺すところだぞ!!金だせ!!」
と、こちらににじり寄りながら、同じ事を繰り返す。

私も同じように「すみませんでした」と謝罪を繰り返す。

 

正直なところ、恐怖心は全くありませんでした。
ヨタヨタしてるし、周囲はサッカーや野球、フリスビー競技(フリスビーでサッカーみたいにゴールを狙うゲーム)をやっている学生やら、社会人やらが一杯。 

仮に暴力をふるわれた場合、目撃者も一杯いる。
しかし、ケスがどういうワケだか、車のハウスから出てしまった事については、監督不行き届きであり、私の失態なので謝罪を繰り返すことに。
暴力を振るってきた段階で、逃げて警察に連絡かな、と考えてました。

 

しばらく、そのホームレスとおぼしき人と同じ会話を繰り返していたら、すぐ隣でフリスビー競技をしていた学生?と思われる男性が、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。

「犬が車から逃げてしまったようで、こちらの方にご迷惑をおかけしちゃったみたいで、謝っているんですが、ご理解いただけなくて・・・」と伝えたら(その間も、浮浪者とおぼしき男の人は今度はその学生風の男性に向かって怒鳴り続けていた)、その学生風の男性が、「オレに言っても仕方ないでしょ、オレの犬じゃないんだから」と、言い返すと、「にーちゃんは悪くないんだよ、てめー、この野郎、この女の犬が悪いんだぁ~!!」と、やけに学生風の男性にはニヤニヤしながら下手でした。

私がまた「すみませんでした」と謝ると、その学生風の男性が「もう、何度も謝ってるんでしょ、これくらいで終わりにした方が良いよ」と言ってくださり、そのホームレスとおぼしき男の人は、私への勢いも失いつつ、「ふざけんなー。今度はブチ殺してやるからなー」と言いながら、去っていきました。

一体どーいう事なのか???と、ケスとエルザを連れて慌てて車に戻ると・・・
あり得ない状態でケスがハウスから脱走した事がわかりました。


f:id:gemini0530:20210406175631j:image

(犬って想像を超える形でハウスから脱走しますよね、フロントパネルはケージの床と同じサイズ、このパネルが内側に倒れる時、内側にいたケスがどうよって出たのか?再現フィルムがあれば見てみたい)

 

この手のケージをお使いになられた事のある方ならわかると思いますが、犬が中に居る状態で、扉のついている前面のパネルが内側に倒れている。
パネルが半分くらい倒れたところで、倒れるパネルを乗り越えて中から出たのか???
それにしても荒業だ💦
2か所にナスカン(ショートリードが2本あったのでそのナスカンを使った)をつけてパネルが外れないように補強してケスを収納。

あまりにもどっと疲れが出てしまって、しばし、事件についてケスのブリーダーであり、古い友人のベルままにメッセで報告。

そして、気を取り直して、エルザの練習を再開しようと歩いていたら、少年野球の保護者?と思しき女性が声をかけてきた。

「さっきの怒鳴っていた人、あなたの車のスライドドアのところから、中を物色してて、そしたらワンちゃんが飛び出してきたんですよ」と教えてくれた。

車上荒らし?をしようとしていたのか?
あの人が車の中を覗いて、ケスが興奮して暴れてフロントパネルが内側に倒れたのか???
それとも犬を逃がそうとしてガチャガチャやっていたら、パネルが倒れたのか???
イヤイヤ、それなら手前のケージに入っていたブリのケージの扉を先に開けるだろうから、やっぱりケスが見知らぬ人がのぞき込んだ事に大喜びをして、興奮して暴れてフロントパネルが倒れる結果となったに違いない。

少なくとも吠え声は聞こえなかったと思うんだけど・・・
気づいた時には、完全にケスは車の外にいて、怒鳴っているホームレス風の男の人と距離を保ちつつも、尻尾フリフリしてたので、遊んで貰えるとでも思ったのか。。。

その辺りのケスの動きについては、その女性の方も分からないと言ってました。

 

河川敷の運動場に沿って車が1台づつズラ――――っと並んで停められる形式の駐車場で見通しも悪くないですし、犬を載せている車はサイドを開けっ放しにしている車も多いです。
暑くなってきたので、背面ドアだけでは風抜けが悪いか?とサイドドアも開けていたけど、運転席や助手席の窓と背面ドアを開けるようにするのが安全か。。。
いずれにしてもケスが二度とハウスから脱走出来るような事があってはならないと、後日、ナスカン追加で補強しまくりました。

ケスがケージから脱走する事が出来た、という驚くべき事実と、ホームレス風の人が怒っていたように、おそらく見ず知らずの人に飛びついて、顔に鼻先が当たるなどの危険行為があったという事実。
今回は怪我をさせる、などの事件に発展せずに済んで不幸中の幸いでした。

 

いやいやいや~、ホントに色々あるわぁ。。。

ブリ君はずーっとケージの中で静かに見守っていたのだろうか・・・?
まさか、爆睡中だったとか。。。


f:id:gemini0530:20210406175902j:image

(驚かせちゃってゴメンねー byケスぽん)

A LONG VACATION


f:id:gemini0530:20210331192314j:image

学生時代は色々なアルバイトをしていた。

今にして思えば私の学生時代は人生のロングバケーションのように思える。

飲食店、アパレルショップ、家庭教師、受付嬢、ウグイス嬢、宛名書き、展示会コンパニオンなどなど、親が心配するようなバイトには手を出さなかったが、色々なアルバイトをした。
大概、3か月くらいしか続かないのがアパレルショップ系のバイトだったけど、今にして思えばケバい店長に割と可愛がって貰えたと思う。
女だらけだったけど、いじめられたり・・・という記憶は無い。
大人の世界を垣間見るような?そんな感じで、店長とか副店長の私生活の話を聞くのが好きだった。
アルバイトと言えども社販で洋服が買えたので、バイト代はほぼ社販で買う洋服に消えた・・・。

週1の家庭教師の仕事は地味で好きでは無かったが、母親が見つけてきたバイトで、弟の同級生の従姉妹の小学校3年生の女の子に国語と算数を教え始めた。
結局、5年生までの3年間教えたが(私が就職してしまったので)、当初、その子が分数のところでだいぶ出遅れていて、教えるのにミカンとかリンゴを実際に切って、実験しながら教えたりするのは楽しかった。


他に週に2-3日はアパレルショップ系か飲食店系のアルバイトもして、さらに単発で入る仕事を土日なんかも友達と一緒にやっていた。
そんな中、試験の時にお休みを頂きながらも、なんだかんだと続けていたアルバイトが、当時の実家から徒歩10分程のところにあった「ピザハウスモッコ」というお店だった。

横浜方面から東名川崎インターを通過する時、右手の高台にあるお店で、私が学生時代には既に新しいお店ってわけでも無かったので、もうかれこれ40年以上のお店である。
一時、バブルの頃は二子玉川や等々力といった世田谷に進出していた時期もありましたが、今は多分本店のみなんじゃないかな?と思う。

夏休みは割と一杯働いたりしてたが、大滝永一の「君は天然色」が有線で流れていた。

当時、ピザが食べられるお店はそんなに多くなかった。
イタリアントマトがチェーン展開で、あちこちに出来て、一気に普及したけど、イタリアントマトが流行るよりもずっと前から、ピザハウスモッコは東名川崎インターの高台にあったのだ。

お店の裏には社長宅があって、社員さん、アルバイトともに夕食はチケット制で社長宅(母屋)で食べることが出来た。
社長の奥さんのサポートで社員さんが1人、ヘルパーで入って、大きなダイニングテーブルで、休憩に入った人から順番に食べる。
他の飲食店でも、賄いご飯は出たけど、私は母屋で大家族のように食べるモッコの賄いが好きだった。

好きだったんだけど、店長、副店長、そのほかの社員さん達とお話するのがちょっと恥ずかしくて(今では想像も出来ない人物像だ🤣)、あまり自分からは話さなかったような記憶である。

そう、おとなしい子と思われていた。

ショートカットが良く似合うハキハキとした笑顔の素敵な社長の奥さんが好きで、ヘルパーで裏に回されると嬉しかった、、、が・・・実のところ、家でもたいして手伝いをしていたわけではないので、ろくな役には立ってなかったと思う。


ピザハウスモッコは高台にあり、その高台の店の横から階段で下に降りれるようにして「串の坊」という串揚げ屋さんのフランチャイズ店を始めることになった。
お店がオープンしてから3か月間位だったと思うけど、串の坊の本部から板さんが2人来て、モッコからは店長と名前は忘れてしまったが、チェッカーズのフミヤにちょっと似た感じの社員さんが下に降りて、店長は串の坊の店長となり、上に残った副店長がモッコの店長となた。

副店長はガタイの大きい人で声も大きくて、実はちょっと怖くて苦手だった。
一方で店長はいつもニコニコしてて優しくて大好きだったし、5名くらいいた社員さんの中では、一番年齢的にも近くて優しかったフミヤ似の社員さんも下に降りてしまったので、私も下に回りたいと思ったけど・・・そうはいかなかった🤣

家から近所のモッコのバイトは、いつも一旦帰宅してからバイトに入って夜の10時まで働いていた。
今はマンションだらけの高台エリアであるが、当時は空き地も多くて物騒だという事で、4歳年下の弟がいつも10時に合わせてお店に迎えに来てくれた。

すると、社員さんが弟と仕事上がりの私に、コーヒーフロート(アイスクリームの載せ方に特徴のあるお店の人気商品だった)を出してくれて、カウンターで弟と二人、コーヒーフロートのアイスクリームをほおばりながら、コーヒーを飲んていると、ニコニコの店長が「食べていけば」って、ピザを1枚弟に出してくれる事がよくあった。

店長が下の串の坊に降りてしまってからも、串の坊の定休日前夜にバイトが入っていると、10時ちょい前に下から電話がかかってきて、「明日休みで残しておけないから、弟君と食べにおいで~」って声をかけてくれて、今にして思えば本当に贅沢に、弟とカウンターに座って、串の坊の串揚げ食べ放題だった。

 

なんで、こんな事を書いているのか???
書いてる本人も全くわからないのだが、老後、もしかしたら読み返す時のために身辺雑記を思いつくままに書いておこうと思いついた。

 

社員さん達の中に女性が2人いて、一人は割と若くて、やはりとても優しくて、私はその社員さんからサラダの作り方や、ドリンク系の作り方を習ったのだが、やはり下の串の坊に降りてしまった。
もう一人の女性の社員さんは、背が低くて、当時既に40代だったのでは?と思う独身の人で、言葉遣いが乱暴なところがちょっと苦手だったけど、あちらはとても可愛がってくださった。

社長と奥さんには私よりも1歳年上の大学生の長男と、私より3歳位下だったと思うけど高校生くらいの次男がいた。
一度だけ、長男の方はお店の手伝いに入ったことがあって、裏の母屋で夕飯を一緒に食べた時に、社長の奥さんが「歳も近いし話が合うでしょ」と言ってくれて、実際本当にそうだったので、またバイトで入ってくれ、長男!って思ったが、二度と会うことは無かった(笑)。

 

そして高台のお店は当時、広い庭があって、その庭でセントバーナードを飼っていた。
名前はゴンタ、正直、非常にゴンタは可哀想だったと思う。
誰にも相手にされる事なく、庭の大きな檻の中で飼われていて、社員さんやバイトが夕方になると、ゴンタを散歩に連れて行った。
ゴンタ手当は500円で、裏の母屋で食べる賄い食が1回200円だったので、ゴンタの散歩に行くと利益が出た(笑)。

ゴンタはヨダレが凄かったので、ゴンタの散歩用エプロンを付けて散歩に連れて行く。
大概、男性の社員さんが連れて行っていたが、東名の下をくぐるトンネルを通るのをゴンタが嫌がる、と社員さんが言っていた。

そして、そんな話を聞いてから数か月した後、そのトンネルの中のマンホールから死体が発見された。
ゴンタはトンネルに死体があるのを知っていて、通りたがらなかったんではないか、という話を社員さんから聞いて、ゾゾゾっとした。

私がモッコのアルバイトを辞めた時、まだゴンタは生きていたが、その後も時々、モッコに行くと、ある日、ゴンタの檻は片づけられていた。


それから、20年近くを経て、私の一番最初のフラットのジェミニを連れて、実家の両親や弟夫婦と一緒にモッコに食事に行った。
庭のオープンエアの席ならば、犬OKだったからだ。
私が働いていた頃とは店の雰囲気も随分と変わっていたが、店の入り口の横にハウスがおいてあり、そこにフラットのメスが繋がれていた。

ジェミニと一緒に店内からテラスへ出ようとしたら、そのフラットがガルガルと吠えかかってきて、なんとも心が暗くなった。
ゴンタの事を思い出した。
もう犬を店で飼うのは止めれば良いのに・・・と思いつつ、ジェミニと無言でその横を通りすぎた。

 

その後も交通の利便性も良く、犬OKで美味しいお食事もできるというので、色々なフラットの友達と訪れた。

当時、土曜日にモッコの近くの公園で訓練を習っていたので、訓練の後にフラッ友と待ち合わせするのも丁度良かった。

記憶にあるだけでも、ララちゃん、ジルバ君、じぇふぁんちゃん、チェリちゃん、しゃのんちゃん、ジュライ君、メイちゃん、ノアちゃん、ナイル君とか。

ただお誘いする時に「フラットが看板犬をやっているから」と紹介できなかったのは残念だった。

 

そして、かれこれ15年くらいお店には行っていない。

そうだ、千葉へ引っ越してしまったら、もう行くことは無いだろうから、その前に母を誘って行ってみよう。

エルザと私の東京ブロック訓練競技会2021

f:id:gemini0530:20210329151512j:plain

(朝5時54分、日の出@宇奈根グランド、この日の出は競技会とは関係ありません)

2021年3月21日、東京ブロック訓練競技会でした。
東京ブロック訓練競技会、ジェミニと競技会やってた頃は毎年出てましたが、それから15年ぶり?とかでエルザと出陳。
朝、3時半に起床、4時に家を出発した時、既に東京は土砂降りの雨でしたが、埼玉県比企郡の吉見運動場は降ったり止んだりの小雨。

正直なところ、フラットの飼い主だからか?はたまた、我が家が雨の日も散歩に出かけ、雨だから開き直って遊んじゃう派だからか、雨は私にとっては味方です。
それはドッグショーでも同じ、黒いから汚れが目立たないのも得だし、何よりも雨だと犬達の喜びが違う。

雨で棄権する方も続出の東京ブロック、小型犬で雨の中、気丈に頑張っている犬達を見ると、「雨で嬉しい」とは言いにくいものがありますが、実際は嬉しかったです。
というもの、東京ほど土砂降りにもならず、気温的にも黒犬にベスト。

ただ、雨だとウキウキ過ぎてコントロールが難しくなる。
そして、やはり集中を欠きやすいのも事実で、他の競技者を見ていても、勿体ない凡ミスが多かった印象を受けた。

不良少女エルザは前の先生の時代に、たった2回競技会に出ただけで「競技会ではおサボりしても叱られなーい」って事を把握してしまって、それにオヤツもオモチャも出てこないし「だったらやらなーい」って、積み木崩し状態となり、新しい先生について今に至ります。

今の先生に変わって、エルザの気持ちを作り変えて競技会に再デビューしたとは言え、エルザは本番では失敗しても叱られないことを知っている。
再デビューからまだ、一度も失敗をした事のないエルザですが、もしも失敗してしまった時に、私が注意をその場でしない事から、「あ、なんだ!やっぱり本番って叱られないんじゃん!!」って再度、気づいてしまうのを絶対に防ぎたい。

だから、エルザには失敗をさせられない、そこがエルザと私の競技会で一番のプレッシャーです。

 

東京ブロックの2週間位前から、「常歩行進中の停座」が不安定になりだした。
先月の埼玉ブロックで、ブリストルがまさに「常歩行進中の停座」で立ち尽くし、科目を落としたが、ここ1~2か月を振り返ると、エルザもブリストルも何かしら、科目的に調子が悪かったり、他にも今まで失敗したことのない科目を練習で間違えたりしていました。

東京ブロック前日の練習でも、「行進中の停座」を2度続けて失敗・・・。
「おいおいおい。。。明日どーなっちゃうのよーーー」と不安を残したまま、本番当日の日を迎えた。

エルザには絶対に失敗をさせたくない、ポイントとかなんとかじゃなくて、「失敗しても叱られなかった」という既成事実をエルザには作りたくない。
出番ギリギリまで、伏せ→立止→行進中の伏せ→行進中の停座のルーティンを繰り返し、それでも不安定な状態。
失敗するくらいなら微妙な体符を使うしかない、と心に決めてのリングインだった。

f:id:gemini0530:20210329160552j:plain

エルザ、私を見上げて集中しています。

f:id:gemini0530:20210329160653j:plain

写真で切り取れば良い脚側なんだけど一体感がもっと欲しかった。

結果、ノーミスで終える事は出来たが、細かい部分でもちろん練習よりも良くない部分はあった。
細かいところでエルザを上手くコントロールできずに雑になってしまった感、、、あの雨で涼しい気候ならば、もっともっとガツンと集中させることが出来たはず、そうすれば雑になる事はなかったと思うと、終わった直後はとても気に入らない出来だった。

ノーミスという事もあり、点数としては98.4点(規定68.4点、選択30.0点)で3席入賞の高い評価をジャッジの先生から頂くことが出来て嬉しかったけど、もっともっとエルザと「ビビビっと集中した張りつめる空気」を共有したかったし、その集中でエルザと一体感のある10科目をやりたかった、と思う。

f:id:gemini0530:20210329154634j:plain

やっぱりロゼッタ貰うと嬉しい飼い主

 

エルザの訓練の先生の大桃先生のブログで、エルザに関する講評を頂いた。

nikki.dogschool-bp.com

(先生の講評)

エルザ…集中して最後までやりきってくれました。
エルザの良いところは今回もしっかり出せたと思います。

切れる動きは出来ませんが、それでも最後まで集中切らすことなく頑張ってくれました。

集中、義務感の持続が一番の課題なので本当に良かったと思います。

 

今回は先生と出番が被り、一人でウォーミングアップからリングインをしました。
これまで、先生がアップの時に色々と指導して下さり、エルザもその緊張感を持ってリングインしていましたが、なんとか一人でもノーミスでやり切るくらいのところまでは出来るようになった・・・というのは、ちょっと嬉しい部分でもあり、だからこそ集中が甘いまま、リングインしてしまったとも言える。
ココはエルザのみならず、ブリ君も含めて私の大きな課題です。

 

2020年秋季本部からスタートした競技会シーズン。
私が所属している大桃先生のお教室は先生、そして先輩の誰かが、必ず毎回の競技会で1席を取っています。
秋季本部は大桃先生とパピヨンの先輩、ST連合は別のパピヨンの先輩、千葉ブロックはコロナで中止、埼玉ブロックはビーグルの先輩が理事長賞、そして今回の東京ブロックも埼玉に続いてビーグルの先輩が1席、すごいなーーーって思います。
競技会で先生をはじめ誰かが必ず1席を取るお教室、そして他の方々もそれぞれに前回からの課題をクリアして常に1㎜でも2㎜でも前回よりも良くなっていく。
テントでは和気あいあい、お互いに動画を撮りあい、励ましあう。
同じ組になればライバルでもあるけど、皆さん、自分と自分の犬に集中して自分達にとっての最高を目指している。

競技会は朝、3時起床とか、、、ほんとに大変です。
そして、競技会に向けての練習も、上手くいかない事が増えてくるとプレッシャーも大きくなるし、なおかつ、前回のブリ君のショッパイ船出のように、ホワホワのお花場畑状態とかで終わった日には残念過ぎる。
時々、なんでこんな事やっているんだろう???と思ったりもするけど、競技会場で先生や頑張っているお教室の先輩の競技を見学したり、フラットの友達やガンドッグで知り合ったお友達が頑張っている姿を見るのは、純粋に感動します。
良い時もあれば悪い時もあるけど、「また頑張ろう」と思って帰るのは、良き時も悪い時も同じ。

訓練競技会に勝ち負けは無いと私は思っているけど、仮に勝ち負けがあるとしても、常に「また頑張る」、それしか無いのだ。

 

youtubeに動画をアップしましたので、よろしかったら見てください!


20210321 JKC東京ブロック訓練競技会 エルザ 第3部B組